東京下町 八福神参り


日本人の心、神社

 日本には全国各地に神社お寺が存在しています。

私たち日本人にとって、どちらも身近な存在で、初詣はどちらにも行くことがあり、実は神社お寺の違いがあまりわからない人もけっこういるのでは?

訪日外国人が増え、その違いを時々質問されるので、この際はっきりさせておきましょう!

● 神社とは

  • 宗教は「神道」(英語でShintoism)
  • 歴史が長く、起源は古代日本
  • あらゆるものを神様として崇拝
  • 開祖、教義、経典、戒律がない

神道はもともと誰かが開いた宗教ではなく、日本人の生活のなかで自然に生まれた考え方で、「こうしなければいけない」という決まりはありません。神社で祀られている神様は天照大神のような古典(古事記、日本書紀)が根拠のものもあれば、自然や祖先を敬うところから神として崇める八百万神(やおろずのかみ)という言葉も生まれました。日本人がすべてのものを大切にする心は神道の考えが深く関係しているとも言われています。

● お寺とは

  • 宗教は「仏教」(英語でBuddhism)
  • 飛鳥時代に百済から伝わり、日本での歴史は1500年くらい
  • 仏様(仏陀)を崇拝 ※お釈迦様は悟りを開いて仏陀になった
  • 元はインドで開かれ、教義、経典、戒律がある

神道と大きく違うところは、教義、経典、戒律があることです。

この両者は対立しておらず、神社で必勝祈願や結婚式を挙げたり、お寺でお葬式をしたりなど、両者とも私たちの人生に必ず関わっています。それは、神道と仏教がうまく融合し、進化・浸透して行く「神仏習合」という動きがあったからなのですね。

そんな日本独特の神社、成り立ちがわかれば、より深くその存在を理解できますね。

時にはのんびり、都内の神社を参拝して来ましょう!

● 東京下町 八福神参り

水天宮 

観光・手配・旅行企画など、旅行のお申し込み・ご相談は当社(アイ・トラベル・スクエア)まで↓

Email info@i-travel-square.tokyo
Telephone 03-6706-4700 (平日10時~18時)

 

WORLD>>ASIA>>JAPAN…meet the another world!