茶道セミナー《おもてなしの心をお茶の世界から》


茶道、華道、着付け。日本人なら誰もが憧れる日本の伝統文化。

日本人に生まれたからには、一度は経験してみたいとは思いながら、流派やしきたりなど難しそうで、どうしても「敷居が高い」イメージが拭えないのが現実でした。

そんななか、お茶会に入門されている建築や骨董に所縁のある方々からの推薦により先生をご紹介いただき、先生の気さくなお人柄に惹かれ、このセミナーを企画することになりました。

先生曰く「茶道は日本文化すべてに通ずる」。

茶道、華道、書道、着付け、伝統芸能など、精神や考え方に共通部分が多く、茶道を知れば他の道も理解しやすくなる、ということです。

日本人の「おもてなし」文化もまた、お茶の世界から見出すことができます。

セミナーでは、茶道の形式については導入部分(初歩の作法全般)と予備知識(茶道固有の言い回しなど)を、そして「お茶とはどういうものなのか」「その背景には何があるのか」「なぜその作法をするのか」など、初心者がお茶の世界を理解しやすいように丁寧に解説してくださいます。

茶道は季節ごとにお菓子や掛け軸など少しずつ違いがあるそうです。そのため1年を通して四季を感じながらお茶の世界をご紹介していく予定です。

「本格的にお茶を習いたいわけではないが、日本人として少しは知っておきたかった」という方にピッタリのセミナーです。

ぜひこの機会に、茶道の美学を垣間見て、「おもてなし」の原点を探ってみましょう!

 →【ブログ】和敬清寂と日本人の心

【講義内容】
◎茶道の成り立ちとおもてなしの心
★そもそも「茶道」って何?
・日本文化のテーマパーク!
 キーワード:茶道具/日本美術(掛け軸、書)/香道/華道/和装
       /和菓子、会席料理/日本建築、庭園…
・日本美のパビリオン!
 キーワード:侘び寂び/数寄/風流/間
・和心のバイブル!
 キーワード:おもてなし/礼節/一期一会/和敬清寂/動く禅
★「茶道」ってどうやって発展した?
・戦国武将の教養、癒し、報奨(忠誠心)
・武士の嗜みから女学校の礼儀作法
★千利休って何者?
・茶道を産み出した!
・無駄をそぎ落として、おもてなしの真髄へ
★表千家、裏千家、武者小路千家って何?
・茶道の生き残りをかけた戦略
★「茶道」の作法って堅苦しい?
・作法には必然的な理由や込められた意味がある!
◎茶道の作法体験
★まずはお客の作法=楽しみ方から覚えよう!
 - 薄茶、濃茶、懐紙、食べ方、飲み方、問答…
★亭主の所作をよく見てみよう!
 - 歩き方、道具の扱い、袱紗さばき、点て方、問答…

  • 第2回「茶道とおもてなし」 2018年7月1日(日)14時~16時

【セミナー内容】(仮)
① 茶道の背景にあるもの
★茶道の成り立ち:茶道は誰でも嗜める!?
★「和敬清寂」の復習
★「利休七則」とおもてなしの関係
★「侘びさび」と「抽象化」
② 茶道に必要な知識
★流派の種類と特徴
★茶室の構成
★茶道具、お茶の種類(薄茶・濃茶)、お茶菓子
★茶室以外のでのお点前
③ お点前実践

会場:剥啄庵 東急大井町線・九品仏駅より徒歩5分

参加対象:高校生以上

参加費用:お一人様 5,000円(消費税込み)※事前お振込必要

キャンセル規定:3日前50%、前々日80%、前日および当日100%

最少催行人数:毎回10名様(最大15名様まで)

※ 服装は和服の必要はありません。正座が苦手な方には足に負担がかからない小さな椅子を用意いただけます。

 


当コースは、裏千家教授 藤山宗宏先生が、初心者にもわかりやすく解説します。藤山先生は星薬科大学薬学部を卒業し薬剤師免許を保有するも、電力会社に就職してOL経験をもつ、異色の元祖リケジョ(理系女子)です。お仕事のかたわらお茶を習い続け、2010年から九品仏に「剥啄庵」を開設。お茶の作法はもちろん、日本文化や背景にある貴重なお話を丁寧に教えてくださることから、茶道未経験のお弟子さんも楽しくお稽古を続けていらっしゃいます。

皆さま、多数のご参加をお待ちしております!!


 /// お申込みフォーム ///


お申し込み・ご相談は当社(アイ・トラベル・スクエア)まで↓

Email info@i-travel-square.tokyo
Telephone 03-6706-4700 (平日10時~18時)

WORLD>>ASIA>>JAPAN…meet the another world!