庭園プロデューサーと巡る日本庭園 第5弾 小石川後楽園&清澄庭園

庭園あるき、実践してみましょう!!

皆様からの強いご要望により、オンライン講座で大人気の高田先生と行く、日本庭園めぐりを開催します!
オンライン講座で学んだことを実際に見て歩いて確かめてみませんか?

~庭園プロデューサーと巡る日本庭園 第5弾!~
大名庭園の魅力を解析!石と水と植物の織りなす最高の舞台
小石川後楽園&清澄庭園
【実施日】2022年10月30日(日)
 13:00~17:00 (12:50集合)
※終了時刻が多少遅くなる可能性があります。  


 

第5弾『小石川後楽園&清澄庭園』

石と水と植物の織りなす最高の舞台を庭園のスペシャリストと訪れます。

特別名勝 小石川後楽園

あの水戸光圀公が愛した庭園。御三家のひとつである水戸徳川家は尾張、紀州と異なり、将軍の補佐役として江戸に在住していました。庭園は、その江戸の中屋敷(のち上屋敷)に1629年、初代頼房(家康の11子)が造りはじめ、光圀(頼房の三男)の代に完成。
中央の泉の周囲にいろいろな景色を配する「回遊式庭園」です。
西北から東南に向かって傾斜した土地の高低差を利用し、「海」「川」「山」そして水田や梅林などの「田園」という四つの変化ある景色を巧みに配し、贅沢な空間を演出しています。

中国・明から招いた朱舜水の意見を取り入れ、円月橋、西湖堤、蓬莱島といった当時の文化人の憧れの中国の風景を、日本の名所や古典に関する構造物とうまく調和させました。『和漢』並び立つ独特の庭園空間は、のちの全国の大名庭園にも大きな影響を与えたと言われます。
『天下の憂に先立って憂い、天下の楽しみに遅れて楽しむ』という中国の故事から名付けられたというこの景勝地、貴方なら外国からのお客様に、どのように伝えますか?

特別名勝 清澄庭園

かつてこの地には豪商紀伊國屋文左衛門の別荘が、そして江戸時代には下総国久世大和守の下屋敷があったとされます。明治になって多くの大名屋敷が荒廃するなか、岩崎彌太郎はこの土地が大規模造園に適すると見抜き、1878年、庭を含む一帯3万坪を取得。社員の慰安や来賓をもてなす場として、全国から名石を集め、隅田川の水を引き込んで作ったのが、前身の「深川親睦園」でした。
彌太郎亡き後は弟彌之助があとをつぎ、日本館と洋館を新築。京都から茶人磯谷宗庸を招いて1891年にこの庭を完成させます。
彌太郎の嫡子久彌は関東大震災で家を失った人々にこの庭を開放し、多くの命を救いました。池にかかる「涼亭」は、伊藤博文の国葬で来日した英国陸軍元帥をもてなすため久彌が建てさせたという数寄屋造りの建物で、震災からも戦災からも難を逃れました。1985年に全面改築され、今日に至ります。

伊予の青石、紀州の青石、佐渡の赤玉石、備中の御影石…岩崎家が全国から集めた数々の石が、回遊式の林泉庭園のあちこちに、敷石や橋、磯渡や枯滝となって配置されており、さながら石庭の趣があります。

庭造りの職人、高田先生が、大名庭園の魅力を解析します!
参加した後に、日本庭園について思わず誰かに話したくなること間違いなし!
ぜひお友達と声を掛け合ってご一緒にどうぞ。

※ ツアーご案内チラシはこちら

【ガイド・講師】

株式会社 とらい 通訳案内士試験道場主催 高田 直志 先生  

1971年出雲國出身。 
奥出雲「石照庭園」プロデューサー。https://www.sekisho-teien.com/
本職 英中韓国語通訳案内士養成。http://guideshiken.info/
幼少期より生家や実家の庭いじりが趣味。「庭園大国」出雲の庭に親しむ。大阪在住の大学時代は暇さえあれば京都の庭をぶらつき、そのかず百数十。三十代で東京に引っ越してからは、首都圏の庭園はほぼ踏破。
海外旅行に行ってもアメリカ、中国、シンガポールなどの日本庭園には必ず足を運んできた。
2019年、庭を作りたくて土地を求め、竹林のある茨城県取手市に隠居。コロナ禍の最中は庭造りに没頭。

【こんな方にオススメ!】

  • 日本庭園が好きな方
  • 庭園の歩き方・見学ポイントを知りたい方
  • オンライン講座で学んだ内容をリアルに見たい方
  • 外国の庭園と比較し、外国人に説明したい方

◎日時:10月30日(日)13:00~17:00
 ※終了時刻が多少遅くなる可能性があります。

 ※現地集合・現地解散 ※雨天決行
◎集合場所・時間:
小石川後楽園東門前 (JR水道橋駅寄りの入口)12:50

東門と西門があるので、ご注意ください。

【スケジュール・内容】

12:50 小石川後楽園東門前 集合
13:00~ 小石川後楽園 見学
14:40~15:00 「涵徳亭」で休憩 (飲食は自費)
→地下鉄・大江戸線で移動

15:40~ 清澄庭園 見学
17:00 終了・解散 (予定)

  • よく歩きますので、歩きやすい靴・服装で。
    飲み物も各自でご用意ください。
  • 行程や時間配分は、当日の講師の判断で変更される可能性があります。予めご了承ください。

【募集要項】

◎参加対象:高校生以上
◎参加費用:お一人様  6,500円 ※高校生・大学生も同一料金
     (消費税・イヤホンガイド料込み)
 ※各庭園の入園料、小石川後楽園から清澄庭園への地下鉄代(220円)、休憩時のお茶・お菓子代は各自でお支払いください
◎定員:先着20名様まで(最少人数11名様)
 ※コロナによる休園で開催できない場合は延期または中止
◎お申込み:お支払い:下記フォームにて
◎お申込み〆切:10月21日(金)
◎キャンセル規定:
・お申込み~8日前:お申込み金額の5%※
 ※キャンセルの場合はメールまたは電話にてお申し出ください。
 キャンセル料(受講料の5%)を控除した金額をお客様のお支払い
 クレジットカードへ返金します。

7日前~当日:100%


///お申込み・お支払い(クレジットカード決済)フォーム///

当社に初めてお申込みされるお客様は、申込フォーム下の【注意事項】をよくお読みになりお申込みください。

 
誤った重複お申込みが増えております。

Payボタンは2度押さないよう、ご注意ください!

【注意事項】

  • お申込み・お支払い完了の確認メールはありません
    「Pay」ボタン送信後の確認画面でお申込みが間違いないか、ご確認ください。


    支払い完了すると、この緑の画面に切り替わります。

  • 申込み・お支払いが確実に行われているかの確認のため、カード決済が完了したお客様には定型の領収書をメール送付しております。24時間以内に領収書が来ていない場合は、お手数ですが、再度お申込み手続きをしていただくか、当社までメールでその旨ご連絡ください。

  • ツアー実施日3日前に、最終ご案内のメールをお送りします。
  • —————————————————————————-
  • お支払いの失敗例としてCVCコードの入力忘れがよく発生しています。


    CVCコード(セキュリティコード)はクレジットカード裏面記載の3桁の数字です。

  • その他の失敗事例として、
    ① JCB、ダイナースは現時点で使用不可です。
     VISA、マスターなど他のカードをご利用ください。
    ② カード会社側で自動的に拒否している可能性があります。その場合は、お客様ご自身でカード会社に問合せをしていただき、拒否を解除してください。

オンライン講座で得た知識をアウトプット!
今後も各地の「庭園めぐり」に乞うご期待!!

足立美術館

旅行のお申し込み・ご相談は当社(アイ・トラベル・スクエア)まで↓

Email info@i-travel-square.tokyo
Telephone 03-6706-4700 (平日10時~18時)