おわら風の盆&五箇山+城端・井波・高岡3日間

今年こそ「おわら」を観に行こう!

「おわら風の盆」

富山県内でも大きなイベントで、県民も一度は見に行きたいと思うほど憧れのお祭りです。

静かな山間の小さな町で年に一度のビッグイベント!

越中八尾は富山県にあります。かつては独立した町でしたが、平成の大合併で富山市に併合されました。「風の盆」は毎年9月1日~3日が本祭で、その起源は元禄15年(1702年)とも言われます。人口2万人ほどの小さな山あいの町に、この祭りを見ようと全国から25万人もの人が集結します。

では、徳島・阿波踊りのような熱狂的なお祭りかといえば、少し趣きが異なります。
踊り手は浴衣に深く編み笠をかぶり、悲しげな胡弓の音色と「おわら」の歌詞に合わせて、しずしずと踊り歩む女踊り、高く足をあげ勇ましく振舞う男踊り、そして男女がもつれあう優美な舞。まさに「幽玄」の世界を体現しています。

日本のお祭りは、農家の収穫を祝うために始まったものがほとんどです。この「おわら」のある二百十日の前後は台風到来シーズン。昔から収穫前の稲が風の被害に遭わないよう豊作祈願が行われ、そのお祭りを「風の盆」と呼ぶそうです。
日本に代々続く地域が大切に守り続けた民謡行事。
地域の住民が誇り高く舞う姿は感動を誘います。

八尾の街並みも美しい

この憧れのお祭りに、富山県の世界遺産・合掌造りの「五箇山」、らんま彫刻で有名な井波、曳山祭りで重要無形文化財に指定される城端、日本三大大仏のひとつ高岡大仏富山の地酒を一緒に楽しむという、贅沢な3日間です!!

実施日:2019年9月2日(月)~9月4日(水)
最少催行人数:8名様 (最大15名様)

料金には交通運賃が含まれていません。
東京からでも、大阪からでも、全国どこからでも、各自の交通手段でお集まりいただけます!

さらに、通訳はつきませんが(必要な場合は別途追加料金で手配可能)、外国人のお客様も一緒にご参加いただいてもOKです(^^)
かなりローカルな地域なので、日本らしさを味わいたい外国人にはきっと喜ばれるはず!

ぜひ今年こそ、本物の「風の盆」をその目でしっかりご覧になってください!

旅行のお申し込み・ご相談は当社(アイ・トラベル・スクエア)まで↓

Email info@i-travel-square.tokyo
Telephone 03-6706-4700 (平日10時~18時)